2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年06月19日(木)

(画像)大塚アナ、「徹子の部屋」出演で、別人のように・・・・

大塚アナ



大塚アナウンサー別人になってましたね。
どうみても誰だか分かりません。

白血病で抗がん剤のためでしょうか。
多い時は薬を70錠以上飲んでたといいます、、、、、。

こういう治療でいいのか、本当に心配になります。
かと言って、白血病なんていうのは、抗がん剤以外は方法はないんでしょうかね。民間治療というのも危険だろうし、、、、

血液型も変わったというようなことも話してましたね。

渡辺謙さんなどは、100%完治したようですし、大塚さんも頑張ってほしいです。




<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。



引用:

闘病中の大塚範一さんが「徹子の部屋」登場 元気そうだが、顔がむくみ「別人になってる!」

 急性リンパ性白血病で2011年11月に休養、12年4月には「めざましテレビ」(フジテレビ系)メーンキャスターを降板した大塚範一さん(65)が、14年6月18日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)でお茶の間に姿を見せた。

 司会の黒柳徹子さんと軽妙なやり取りを見せ、順調に元気になっていることをアピールしたが、視聴者からは心配の声も上がった。抗がん剤の副作用のため、休養前とは見た目が大きく変わってしまったからだ。

■免疫低下の影響で目を手術

 番組では、大塚さんの闘病生活の様子や、入院中に93歳で死去した母への思いなどが語られた。多い時は1日70~80錠の薬を服用していた、粘膜をやられて口中血だらけになったなど辛い治療のエピソードも飛び出したが、現在は薬の量も減り、食欲も旺盛だという。ただ、免疫の低下で体のあらゆる部分に影響が出て、先日も目が悪くなり手術したそうだ。テレビ画面で見る限り、確かに左目が充血しているようだった。今は2週間に1回は通院しているとのことだ。

 はっきりしたしゃべり口で、黒柳さんの軽口に大笑いするような場面も多々あったが、視聴者からは「元気そうでよかった」といった安堵だけでなく、心配の声も上がった。

 抗がん剤治療の副作用で顔がかなりむくんでいたのにびっくりした人が多かったようで、ツイッターでは「別人になってて驚いた…」「見てられないなこれは、、、」「お辛そう。目も赤いし…」などと投稿されている。

 なお、大塚さんの現在の夢は「とにかく健康を取り戻すこと」だという。2020年の東京五輪の際は是非キャスターとして仕事をしたいとの抱負も語っていた。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
16:39  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/113-2b6787e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。