2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年06月20日(金)

福島かリストラか、東電管理職220人福島へ異動、2100人が希望退職(6/13 NHK)

NHKの元記事探してみましたが、もう削除されてるようですね。

東電の管理職が220人も福島へ異動、
ま、自分たちの会社が起こした問題なんだから、これは致し方ないだろう。

行きたくなければ退職すればいいだけの話だ。

それにしても2100人もが希望退職とは驚いた。

退職金や何やら相当量の金額を貰えるだろうけれど、と思いきや、そんなこともなさそうだ。

依願退職者が減らない背景には、原発事故で前人未到の極めて重要な任務にあたっているにもかかわらず、評価は低く、年収の2~3割カットが続いていることがあるそうで、また、経営の先行きが見通せないなかで将来への不安が募っているともみられる。

それに、一生懸命働いても、「東電」の社員というだけで後ろ指を指される状況に居たたまれないこともあるだろう、ね。

ま、福島かリストラかと言われれば、答えは決まってる、という方は、、、

いずれにせよ、人生は厳しいです。




<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。



引用:

福島かリストラか、東電管理職220人福島へ異動、2100人が希望退職(6/13 NHK)
by 東京江戸川放射線 06:25 Comment : 0 Trackback : 0
東京電力は福島の復興を加速するため、賠償や除染などについて、住民と、国などとの調整業務を担うベテラン管理職およそ220人を来月、地元に派遣することを発表しました。

これは13日、東京電力の廣瀬直己社長が記者会見して明らかにしたものです。
それによりますと、東京電力は福島復興本社の中に今月26日付けで復興調整部を設けます。
新たな組織には来月、東京の本店などから50歳以上のベテラン管理職、220人を派遣します。

派遣される管理職は賠償や除染などについて、住民と、国や自治体との調整業務を行ったり、住民からの要望を聞いて雇用の場の確保や商店の誘致など帰還しやすい環境を整えるよう提言したりするということです。

また廣瀬社長は13日の会見で、ことし1月政府に認定された新たな事業計画に盛り込んだ希望退職者の募集についてグループ全体で目標を上回るおよそ2100人が応募し、今月末で退職することを発表しました。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
12:59  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/118-f0cc0166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。