2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年07月04日(金)

小保方晴子リーダー「出勤」しばらくは実験ノート揃えたりお茶の準備

なんだかよく分かりませんね。
どうして9月から本格的な実験開始になるんでしょうね。

2か月もの間、お茶の準備とかなんて、ばかじゃない、と思ってしまうが。
暇でどうにもならないし、、、、。

早く決着をつけないと、費用もかさむばかりだし、、、、
理研は何考えてるんだ、、、、

それに、小保方さんは200回も成功してる、なんて言ってたのだから、やり始めたら、1週間やそこらで結果がでるはずだ。

早くやって白黒つけて、経費も削減ということで行かないと、
時間も経費も無駄になる。




<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。



引用:

小保方晴子リーダー「出勤」しばらくは実験ノート揃えたりお茶の準備

2014/7/ 3 10:22

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)が2日(2014年)午前11時過ぎ、神戸市の発生・再生科学総合センタ―(CDB)に出勤してきた。公の場に姿を現すのは4月29日の記者会見以来84日ぶり。タクシーから降りた小保方氏はポニーテールの髪型で白地のパーカ―、グレーのパンツ、スニーカー姿だった。

本格的な実証実験は9月から

この日、小保方氏はどんな作業をしたのだろう。実証実験の統括責任者・CDBの相澤慎一特別顧問は「実験の準備ができていないので、実験ノートを揃えるとか、お茶の道具を揃えるとか、そういうたぐいのことに時間を使うことになる」と話す。前代未聞の騒動の割にはのんびりしているが、それやこれやの準備で本格的な実証実験に入るのは2か月後の9月ごろになるという。

やせたねえ


相澤特別顧問は「最善の科学をやるものとしては、本人が参加して『STAP細胞はない』というところまでやらせたい」と話す。しかし、そうした理研の姿勢に理研内部や外部の研究者から厳しい批判が出始めている。

iPS細胞の世界的権威で、ネイチャー誌の「今年の注目の5人」に選ばれた理研の高橋政代プロジェクトリーダーは、ツイッタ―に「理研の倫理観にもう耐えられない」と小保方氏を参加させた実験に強い不満を書き込んだ。大阪大学の篠原彰教授(分子生物学)は朝日新聞紙上で、「小保方氏が疑義に対し何ら説明しない段階で参加させるべきでない。不正があってもあとから確認できればよいという誤ったイメージを発することになる」と批判した。

司会の小倉智昭は出勤してきた小保方氏の横顔を見て、「頬がやせたねえ」といらぬ心配をしていたが、その小保方氏にこれまで噴出した数々の矛盾点を問いただせば、1週間ほどで真実はわかるのではないか。ずさんな研究体制を指摘された理研が、長い日にちをかけて保身のための落としどころを模索するつもりなのではと疑いたくなる。






SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE



人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
11:13  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/156-c062d939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。