2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年07月21日(月)

マレーシア航空MH17便の搭乗を諦めていた英国人一家。オーバーブッキングで命拾い

マレーシア航空の今回の撃墜?事故で、298人もの命が亡くなった。

このマレーシア航空に乗るはずだった英国人の一家が、空港カウンターでオーバーブッキングを理由に搭乗を断られたため、命拾いをしたという。。

「オーバーブッキング」というものってよく分からなかったので調べてみたら、

旅行中、空港の搭乗口で「座席が不足しているので、別便に振り替えられる方いませんか?」「え?予約しているのになんで!」―というトラブルに遭ったことはないだろうか? 「オーバーブッキング」というこの問題、乗客にとっては理不尽な話だが、海外では珍しくないという。なぜこんなことが起こるのか? 航空ジャーナリストの緒方信一郎氏に聞いた。

「最大の原因は、航空会社が実際の席数より予約を多めに受けていることです。通常は1割増程度ですが、4~5割増というところも。理由は『NO SHOW』と呼ばれる当日空港に来ない客が相当数いることと、直前変更やキャンセルを見越して、定員割れを防ぐため。オーバーブッキングが発生すると、航空会社は乗客に席の譲渡を呼びかけます。譲ってくれた方には現金かマイルを進呈しなければなりませんが、そのコストを払っても定員割れを防ぐメリットの方が大きい、ということなのでしょう」



ということは、搭乗することになってたが、自らの意思で、別便にしてもいいですよ、とか、乗客が名乗り出て別便にするんですよね。
でも、下記記事では、オーバーブッキングを理由に搭乗を断られた、とある。

この幸運な一家の意思ではなく、断られた!というのは、これもオーバーブッキングなの?(笑) よく分からないけど、

いずれにしても、カウンターで、そのような事情が発生した、ということは、凄いことだ。

サムシンググレイトか何かの力が働いたのでしょう。

英国人一家の写真 及び記事


引用:

マレーシア航空MH17便の搭乗を諦めていた英国人一家。「オーバーブッキングが幸いした」

墜落したMH17便に乗れず、命拾いした英国人一家(画像はnypost.comのスクリーンショット)
新ロシア派武装勢力に撃墜されたと思われる事故で、298名の死者を出したマレーシア航空機MH17便。オーバーブッキングを告げられ、そのフライトを利用できなかったことにより命拾いしていた英国人一家が、このほどメディアのインタビューに応じた。

17日、オランダ・アムステルダムのスキポール空港を飛び立ち、マレーシア・クアラルンプール国際空港へ向かってウクライナ東部の上空を飛行していたマレーシア航空機MH17便が、親ロシア派武装勢力により撃墜されたとみられている事件。飛行機は墜落し、乗客乗員合わせて298名もの死者が出たが、200名近い乗客がオランダ人で子供も多数。また、メルボルンでのエイズ会議に出席を予定していた国際的に有名な学者が6名搭乗していたことが伝えられている。

そのような中、英『デイリー・テレグラフ』紙の取材に応じたのは、英ロンドン在住のバリー&イジー・シムさん夫妻(画像はnypost.comのスクリーンショット)。赤ちゃん連れの旅で、スキポール空港からクアラルンプールにそのMH17便で向かおうとしていたが、空港カウンターでオーバーブッキングを理由に搭乗を断られたため、KLMオランダ航空のフライトを利用することになり、しばらく空港で時間を潰すことになったという。

そして夫妻は墜落事故のニュースを知る。「一瞬にして胃袋のあたりが熱くなり、心臓が口から飛び出すかと思うほどの動悸を覚えた。そういえばあの時、頭上で誰かが僕たちに“そのフライトには乗らない方がいい”と告げていたような気もする」とバリーさん。運悪く乗れなかった、予定が狂ったとガッカリしていた自分たちが、実は大変な強運の持ち主であることを知った瞬間だったという。家族が一緒ではない単独の旅行であったなら、もしかすると搭乗券を受け取っていたのかもしれないバリーさん。亡くなった方々に祈りを捧げるとともに、自分たちの無事を神にひたすら感謝している。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

関連記事
スポンサーサイト
07:56  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/189-a96b7953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。