2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年08月05日(火)

やしきたかじんさん 実母も死去!親族怒らせた「葬儀場の嫁」

たかじんさんが亡くなって、4か月後にお母さんも亡くなった。その1か月後には弟さんまで亡くなったという。

お母さんは、たかじんさんが荼毘に付される前に会わせてもらえなかった。
たかじんさんの若い奥さんの意向だったようだが~~
他人の私すら、なぜ会わせてあげなかったの、と思う。

この再再婚した若い奥さんが、とんでもない不幸の死神だった??


女性自身:

2014年08月05日 00:00
やしきたかじんさん
「たかじんが死んだと思ったら、後を追うようにお母さんも亡くなって。1カ月後には、お母さんの弟まで亡くなってしまいました」(近所の人)

 1月3日にやしきたかじんさん(享年64)が亡くなってから、ちょうど4カ月が過ぎた5月3日。彼の実母もまた、がんのためひっそりと息を引き取っていた――。

 彼の死を巡っては、昨年秋に再々婚した妻・Aさん(32)と親族との間にトラブルが勃発。Aさんは、たかじんさんの実母に連絡せず荼毘に付した。そのため母が事実を知ったとき、息子はすでに遺骨になっていたという。実母が遺骨との対面を果たしたのは、それから1カ月以上経ってから。号泣する実母を前に、初めて姿を見せたAさんからの謝罪はなかったという。以来、嫁姑の間には埋めがたい溝が残っていたようだ。親族が言う。

「お母さんは、毎日たかじんの写真を見て泣いていました。息子の死に目に会えなかったことが、相当ショックだったみたいです。3月3日の『たかじんを偲ぶ会』前には、お母さんのがんはわかっていました。出席を果たしてからほどなくして体調が急変。最後は家族みんなに見守られながら、息を引き取りました」

実母の葬儀は大阪府内でしめやかに営まれた。だがそこに意外な人物が。なんと、Aさんが訪れていたというのだ!ようやく確執も溶けたのかと思いきや……そう簡単にはいかなかったようだ。別の親族が怒りを隠さずこう語る。

「参列者のひとりによると、彼女は当初『キリスト教だから……』と焼香を拒んでいたようです。周囲が説得を重ね、何とか焼香だけしてもらいましたが、参列者との会話もほとんどなし。出棺後の親族との食事会は辞退し、お骨を拾うことなくすぐに帰っていきました。最後は『帰ります』の挨拶もなく、気が付いたらいなくなっていました」

 たかじんさんの死から8カ月。Aさんと親族の溝は、ますます広がるばかりだ。

関連記事
スポンサーサイト
08:43  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/207-f1441cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。