2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年08月07日(木)

笹井氏の遺書が小保方氏に渡る前に漏れたのは何故か?

今、8月7日午後6時、現在、笹井氏の小保方氏への遺書は、まだ県警から、小保方氏に渡されていない。

これはどういうことか。警察当局が、この遺書を持ち続けるためには、

笹井氏の事件、即ち、自殺か他殺かという不審死に対する結論が出ていない場合に限るのだ。

とすれば、いま、現在は自殺であると警察は判断して、公表しているわけであるから、遺書を渡さない事由がないことになる。なのに、今現在も小保方氏に渡っていない。

こうした状況下にあるにも関わらず、その遺書の大半をマスメディアに流した。

遺書は親書であるからして、受取人、即ち、小保方氏の了承を得ずして、その内容を見ることも公にすることもできないはずである。刑法でもこうした条文がある。

こうした状況を、警察自ら惹起してるのは、何らかの意図を感じざるを得ない。

即ち、私が書いた、笹井芳樹氏は本当に自殺したのか??で述べたような疑惑がまた頭をもたげてくるのだ。

どうしても自殺にしたい意図が警察にはあるように思えて仕方がない。

否、警察というより、目に見えない大きな力とでも言うべきものを感じざるを得ない。

自殺だと国民に思わせるような作戦の一部を、今、実行してるかに見えるのだ。

いずれにしても、この遺書は、三木弁護士に渡るはずだから、その検証に期待したい。

遺書の宛て先人の了承なくして公表したことに、慰謝料の請求権が発生する。このことも含めて、遺書の真偽の検証を期待する。



人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
18:52  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/212-626acfbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。