2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年09月14日(日)

機内痴漢、日本人36歳男が日本人21歳触る

飛行機内痴漢、というのは、あまり聞かないが、

考えたら、犯罪が最も起きやすい怖い状況にあるんですよね。

私も飛行機に乗ることも多いが、あまり隣の人に恐怖はもったことはなかった、が、こんな事件があると、ちょっと怖くなりますね。

でも、やはり、こういう場でやるなんて、犯人は逃げられないわけだから、
普通ならやりませんよね。(笑)

この事件は特別ですよ。



機内痴漢、日本人36歳男が日本人21歳触る

 日本から米国へ向かう米旅客機内で、隣席の女性乗客の下着に手を入れ、下腹部に触るなどの性的暴行を繰り返したとして、米連邦検察当局は11日までに、日本人の会社員タカハシ・ミツアキ容疑者(36=漢字不明)を訴追した。

事件は先月20日、成田発ヒューストン行きのユナイテッド航空機内で発生。女性の下腹部の写真も撮影していた。女性が客室乗務員に助けを求め、着陸後に米連邦検察当局が身柄を拘束した。

 訴状などによると、タカハシ容疑者は8月20日、米国行きのユナイテッド航空機内で、日本人女性(21)と隣の席になった。

 当初は世間話をしていたが、女性が眠った後、犯行に及んだ。米捜査員への女性の説明では、女性が目を覚ますと、タカハシ容疑者の手が女性の太ももと下着の中に入っていたという。女性は恐怖で声が出せず、できるだけ体を離すのがやっとだったという。

 女性はタカハシ容疑者の暴行を手で防いだり、足を閉じて抵抗したが、タカハシ容疑者はその後も計3回にわたり、暴行を繰り返したという。

 女性が客室乗務員に助けを求め、ようやく暴行が止まった。乗務員はすぐに女性を別の席に移動させ、タカハシ容疑者と引き離した。着陸後、タカハシ容疑者は米連邦検察当局から取り調べを受け、容疑を認めたという。

 タカハシ容疑者は調べに対し、女性の胸、下腹部を着衣の上と下から触ったことを認め、「自分をコントロールできなかった」などと話したという。

 さらに、女性の性器の写真を携帯電話で撮影して女性に見せたとも供述。理由については相手を辱めることで喜びが得られる、などと説明している。写真を見せられた女性は泣きだしたという。

 米メディアは、事件が米国の司法権が及ぶ米国機内で発生したため、米連邦法違反罪で訴追されたと報じている。タカハシ容疑者の有罪が確定すれば、最大で禁錮2年に処せられる可能性がある。

 [2014年9月13日9時6分 日刊スポーツ]



関連記事
スポンサーサイト
21:27  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/293-e561bca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。