2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年09月24日(水)

胃がんの8割がピロリ菌 除菌で3~4割減少 国際がん機関が報告書

そうなのか、~~~

とは思っても、胃の検査なんて絶対、イヤ、というかできない。
胃カメラなんて絶対やりたくない!(笑)

という私。

たしか、ヨーグルトでピロリ菌が消える?というのがあるよね。
ま、これも食べ続けないといけないようだが、、、、

ピロリ菌がいると分かれば、食べようかな、とも思うが
菌がいるかいないか分からないからね(笑)



産経:

胃がんの8割がピロリ菌 除菌で3~4割減少 国際がん機関が報告書

2014.9.24 18:56 [病気・医療]

 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC、本部フランス)は24日、胃がんの8割がピロリ菌の感染が原因で、除菌で胃がんの発症を3~4割減らせるとの報告書を発表した。IARCは1994年にピロリ菌を発がん要因と分類したが、胃がんの主要な原因であると認めたのは初めて。特に、日本人に多い胃の入り口(噴門部)以外の胃がんでは、9割の原因であると推測されるという。

 報告書は国際的な専門家で構成される作業部会が、従来の研究結果や疫学調査を精査してまとめた。全胃がんの78%、噴門部以外の胃がんの89%がピロリ菌の慢性感染が原因だと考えられるという。抗生物質を使った除菌で発症が大幅に抑制できるが、抗生物質の耐性菌が増えるなどのマイナス面も指摘した。

 報告書によると、胃がんは2012年に世界で約100万人が発症し、約72万人が死亡。日本では年間約5万人が死亡し、がん死因では肺がんに次いで2位。


関連記事
スポンサーサイト
20:55  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/310-cd0f5d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。