2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年10月14日(火)

中村獅童、元読者モデルと来年結婚か

獅童さん、着々と愛を育んでたようですね。

もう女性問題など起こさないで、
平和で、仕事に打ち込める家庭を築いてほしいですね。


スポーツ報知 10月14日(火)7時4分配信


中村獅童、元読者モデルと来年結婚か…「週刊女性」報じる

歌舞伎俳優の中村獅童(42)が、交際中の元読者モデルの女性と来年1月3日に結婚、

6月28日に挙式・披露宴を行うと、14日発売の「週刊女性」が報じている。

 イベントなどの取材でも女性との交際を隠すことなく、「来年には結婚したい」と何度も口にしている獅童。同誌によると、

3年前から交際している女性が30歳の誕生日を迎える前に結婚し、披露宴は大安の日曜である6月28日を予定しているという。

事務所関係者はスポーツ報知の取材に「松竹をはじめ、関係各位の方々に相談、報告をしておらず、日程など具体的なことは決まっていません」と答えた。(引用終り)

獅童さん、これまで色々ありましたね。

離婚、母の死、、、、

その辺のところを詳しく報じてた(日刊サイゾー)
のがあったので、引用しておきます。 

引用:

17日に心不全で急死した歌舞伎俳優・中村獅童の母・小川陽子さんの通夜が19日、葬儀・告別式が20日、都内でしめやかに営まれた。

 告別式では喪主を務めた獅童が「中村獅童はおふくろがつくった、小川陽子がつくった最高傑作だったと言われるような役者になれるよう頑張ります」と号泣しながら挨拶し、参列者の涙を誘ったが、集まった報道陣が注目したのは、獅童の前妻で女優の竹内結子の対応だったという。

「追悼の気持ちが深いなら、事務所の制止を押し切ってでも参列すると思われたが、結局参列せず。それでも供花はしたようだが、なぜか、竹内の名前があったブロックのボードはあまり目立たない式場の隅のほうに寄せられていた。関係者が報道陣に騒ぎ立てられるのを嫌って、配置する場所を配慮したようだ」(芸能デスク)

 獅童と竹内は、映画で夫婦役を演じたのがきっかけで、2005年6月に“デキちゃった”結婚。同11月に長男を授かったが、獅童の女性問題などが原因で08年2月に離婚。離婚に至るまで、竹内と陽子さんとの激しい確執が女性誌などで書き立てられた。

「竹内はステージママだった陽子さんに取り入って結婚したものの、いずれは“梨園の妻”となって獅童の活動をサポートすることを求め、さらには長男に獅童の後を継がせ歌舞伎俳優に育てようとした陽子さんと真っ向から対立。

そのうち獅童の女性問題が発覚し、離婚についての話し合いが行われていたが、陽子さんが親権を竹内に譲ることに納得せず。

というのも、竹内はあまり家事が得意ではなく、シングルマザーになって仕事を始めたら子どもの世話がおろそかになるのは確実だった。

そんな獅童の長男を、陽子さんはなんとしても竹内に渡したくなかったが、結局、親権は竹内へ。おそらく、天国でも獅童の長男の成長を見守っていることだろう」(演劇関係者)


関連記事
スポンサーサイト
08:37  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/333-6f0ff57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。