2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年06月05日(木)

不明マレーシア機に関する新たな情報、当局が調査開始

ヨットを操縦していた英国人女性から寄せられた情報で、
炎上する飛行機を見たとするもの。

でも、こんな目撃情報があるなら、なぜもっと早くこの情報の精査に乗り出さなかったのか。こういう情報は、最近もたらされたということなんだろうか。おかしいよね、こういう炎上している飛行機を見たのなら、すぐさま情報提供してもいいと思うのに。なんで今なんでしょう?

豪パース(Perth)冲の上空からマレーシア航空(Malaysia Airline)MH370便の捜索を行うニュージーランド空軍の哨戒機P-3K2オライオン(Orion)の機内(2014年4月13日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News
【AFP=時事】3月に消息を絶ったマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH370便についてオーストラリア当局は4日、炎上する飛行機を見たとするヨット乗組員からの目撃情報について調査を行っていることを明らかにした。また当局は、海中のさらに深い場所を捜索する可能性も示唆した。

 マレーシア政府の要請で同機の捜索を主導している豪運輸安全局(Australian Transport Safety Bureau、ATSB)は、ヨットを操縦していた英国人女性から寄せられた情報の精査に乗り出したという。

 ATSBの報道官がAFPに対し電子メールで明らかにしたところによると、同局は一般市民からの連絡で、「MH370便が姿を消した日の夜、炎上する航空機と思われるものをインド洋(Indian Ocean)上空で見たという情報を入手」し、「この情報を局内のMH370便の捜索戦略作業部会に伝えた」としている。

 MH370便は3月8日、乗客乗員239人を乗せてマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)から中国・北京(Beijing)に向かう途中で不可解な針路変更を行い、インド洋南部に墜落したと考えられている。

 これまで大規模な捜索活動が展開され、水深4500メートルまで到達可能な小型潜水艇による徹底的な海中調査も行われたが、何一つ見つかっていない。
【翻訳編集】AFPBB News


関連記事
スポンサーサイト
08:49  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iihihappy.blog.fc2.com/tb.php/38-399ad910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。